"倍" の検索結果
最新の検索ワード


Wikipediaから
'倍'|組版#組版の用語}} '倍'(ばい)は、数学上の概念であるが、その定義は東洋数学と西洋数学では異なっている。 *東洋…(いずれも 0 でない)自然数 ''m'' と ''n'' に対して、''m'' に同一量''m'' を ''n'' 個分加えた数(「m×(n+1)」を求める)。 *西洋…(いずれも 0 でない)自然数 ''m'' と ''n'' に対して、''m'' を ''n'' 個分加えた数(「m×n」を求める、即ち乗法である)。 == 日本における定義・用法 == 日本では、江戸時代以前においては東洋数学の定義が用いられてきた(例えば、「一倍」とは今日で言うところの2倍に該当する。また同じく「半倍」とは、今日で言うところの1.5倍に該当する)が、近代以後に西洋数字が用いられるようになるとその意味合いも変化して、今日のように乗法を指すようになった。 1875年(明治8年)12月2日に出された太政官布告第183号「自今公文中総テ計算上一倍ノ呼称ヲ止メ、従前ノ諸規則等ニ一倍ト...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"倍" に関連する情報はありません。