"白" の検索結果
最新の検索ワード


Wikipediaから
'白'(しろ)は、全ての色の可視光線が乱反射されたときに、その物体の表面を見た人間が知覚する色である。無彩色で、膨張色である。'白色'(ハクショク、しろいろ)は同義語。「無色」の意味に含まれることもある。 == 光源色としての白 == 白は、人間の網膜の3種類の錐体(:L,M,S;(RGB表色系における)R,G,B;Red,Yellowish Green,Bluish - Purple/Purplish - Blue『色彩学概説』 千々岩 英彰 東京大学出版会 2001/4 ISBN 4130820850.)のすべてが「対等的、均質的」に強く刺激された場合に感じる色である。それ故、すべての波長の可視光線を「対等的、均質的」に含んだ光は無彩色的に見える(黒や灰・鼠に見える)。更に、強く反射していれば、白に見える。そして、その光を'白色光'と呼ぶ。これに因んで、すべての音の波長の信号が均等に含まれた全くランダムな音の波形のことをホワイトノイズ(白色雑音)と呼ぶ。 ただ、人間の目...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"白" に関連する情報はありません。